パルナソスホール

トップ > ホールのオルガン

パルナソスホールのオルガンについて

パルナソスのオルガン

ホール正面にそびえたつパイプオルガンは、ホールの顔・象徴ともいえる存在です。
オルガンという楽器は一台一台手作りで、ホールや教会等にあわせて設計されます。またその建物の響きにあわせて一本一本パイプの音色や音量は調節されています。

パルナソスホールは設計の段階からパイプオルガンの設置を念頭においていました。
そしてホール開館から約1年後の平成2年(1990年)11月に姫路市立姫路高等学校創立50周年を記念して、 同窓会で結成する鷺城会よりパイプオルガンが寄贈されました。

41種類のストップ(音栓)、および2500本のパイプを持つ大型オルガンは、須藤オルガン工房により制作されたもので、すべて手作業によって製作されたものを使用。 錫と鉛の合金のパイプはビルダーによる整音法とともに自然で柔和な発音に重要な影響を与えています。

パルナソスホールのオルガンはこの世に1つしかありません。この「楽器の女王」とも呼ばれるパイプオルガンの壮厳な響きを是非ホールへ聴きにいらしてください。

平成20年(2008年)には大規模保守を行いました。
平成27年(2015年)にはポジティフオルガン(移動式小型パイプオルガン)も設置しました。

大型オルガンの主な仕様

パルナソスのオルガン

ポジティフオルガンの主な仕様

ポジティフオルガン
ページのトップへ戻る