パルナソスホール

トップ > オルガニスト就任記念演奏会会

オルガニスト就任記念
 長田真実パイプオルガンコンサート
 ~ふるさと姫路に想いを寄せて~

室内楽演奏会チラシ画像
■日時
 平成30年12月1日(土曜)15時開演
■会場
 パルナソスホール(姫路市立姫路高等学校音楽ホール)
■出演者
 長田真実(オルガン)
■料金
 入場無料(自由席)
■プログラム
 G.ヘンデル:オルガン協奏曲 ヘ長調「カッコウとナイチンゲール」より
       第2楽章(オルガン編曲:長田真実)
 K.ヨハンセン:希望の歌
 松岡あさひ:ぶらんこ
 C.フランク:コラール 第1番 ホ長調 ほか

プロフィール

長田 真実 ながた まみ
東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。学内において安宅賞、卒業時にアカンサス賞を受賞。これまでにピアノを大里安子、オルガンを小榑由布子、廣江理枝の各氏に師事。同大学大学院音楽研究科を修了し、大学院アカンサス音楽賞を受賞。2012年に渡独し、シュトゥットガルト音楽演劇大学ソリスト科にてルドガー・ローマン氏に師事。2016年度文化庁新進芸術家海外研修生を経て、2018年ドイツ国家演奏家資格を取得。2011年、第2回バッハ・リスト国際オルガンコンクール“エアフルト-ヴァイマール-メルゼブルク”(ドイツ)においてリスト最優秀演奏特別賞を受賞。2012年、第7回武蔵野市国際オルガンコンクールにおいて第2位受賞。2014年、姫路市より芸術文化奨励賞受賞。2015年、第12回ゴットフリート・ジルバーマン国際オルガンコンクール(ドイツ)にて優勝。以来、現在に至るまでにフライベルク、マリーエンハーフェ、タンガーミュンデ、ハレなどドイツ国内の歴史的楽器を中心に精力的に演奏会活動を展開。ハインリヒ・シュッツ音楽祭やライプツィヒのバッハ音楽祭にも招待されている。2018年4月、ドイツ・ゴスラー近郊のグラウホフにある歴史的楽器(Treutmann,1734-37年製作)で録音されたCDをオルガヌム社より発売。現在、東京藝術大学教育研究助手、神戸女学院大学非常勤講師。2018年10月より姫路パルナソスホールホールオルガニストに就任。

ページのトップへ戻る