パルナソスホール
パルナソスホールのオルガンについて



パルナソスホールは設計の段階からパイプオルガンの設置を念頭に置いていました。そしてホール開館から約1年後の平成2年(1990年)11月に姫路市立姫路高等学校創立50周年を記念して、同窓生で結成する鷺城会よりパイプオルガンが寄贈されたのです。

41ストップ、および2,500本のパイプを持つ大型オルガンは、神奈川県横須賀市の須藤オルガン工房により制作されたもので、 すべて手作業によって製作されたものを使用、錫と鉛の合金のパイプは昔ながらの製法で製作され、手作業で鉋をかけたパイプはビルダーによる整音法とともに自然で柔和な発音に重要な影響を与えています。

平成20年(2008年)には大規模保守を行いました。


パイプオルガンの主な仕様
ストップ数 41ストップ  ストップリストはこちら
音域 Man. C-g3 56鍵
Ped.C-f1 30鍵
音栓機構 電気−空圧 式
送風機構 電動送風機 2台   大型空気溜め 1台   木製送風管使用
直下型シュヴィンマー無し
調律法 ナイトハルト 第1法 a1=440Hz/22℃
パイプ総数 2493本+飾りパイプ3本
設計・製作 株式会社須藤オルガン工房
設置 平成2年(1990年)11月



      

ポジティフオルガンの主な仕様
ストップ数 4ストップ
Gedakt8',Rohrfloete4',Principal(B/D)2',Holzregal(B/D)split h/c'
音域 C-f3 54鍵  440Hz時
調律法 設定自由
ピッチ a1=392Hz,415Hz,440Hz,466Hz(鍵盤移動式)
設計・製作 株式会社須藤オルガン工房
設置 平成27年(2015年)4月


パルナソスホールではパイプオルガンを積極的に活用するため、各種イベントを開設しています。皆さまのご参加をお待ちしております
→オルガンイベント情報へ



TOP ホールご案内 周辺地図 ご利用の手引 公演カレンダー ホール主催公演 財団主催公演 友の会 プレイガイド リンク