パルナソスホール(姫路市立姫路高等学校音楽ホール)

文字の大きさ

標準拡大
HOME > 催物 > 第24回 上田晴子ピアノスクール「マスタークラス」
2024年07月26日(金曜日)〜07月29日(月曜日)

第24回 上田晴子ピアノスクール「マスタークラス」

第24回 上田晴子ピアノスクール「マスタークラス」

パリ国立高等音楽院で教鞭をとる上田晴子氏によるピアノスクールです。

音楽専用ホール“パルナソスホール”の特性を活かし、特に室内楽の音楽づくりなど、技術面だけでなく演奏家としての心がまえ、音楽性にまで踏み込んだ、密度の濃いクリニックです。

ピアニストだけでなく、弦楽器・管楽器演奏家にとっても実りある講座です。

 

▶受講者募集については、【募集要項】「第24回上田晴子ピアノスクール「マスタークラス」受講生募集」をご覧ください。

▶聴講者募集については、【募集要項】「第24回上田晴子ピアノスクール「マスタークラス」聴講生募集」をご覧ください。

開催日時

2024年7月26日(金曜日)~7月29日(月曜日) 各回10時00分開始予定

詳細情報

【講師】

上田晴子(パリ国立高等音楽院室内楽科教授、ピアノ科准教授)

 

【会場】

パルナソスホール(姫路市立姫路高等学校音楽ホール)

 

【実技受講資格】

ピアノの専門的教育をうけている方(年齢制限なし)

 

【実技受講定員】

24名(6名×4日)アンサンブルまたはソロ

 

【受講内容】

公開レッスン(約1時間)、受講内容は任意の提出曲

 

受講料・申込方法等、詳しくは募集要項をご覧ください。

 

→受講者・受講曲が決定しました。

R6年度上田晴子ピアノスクール受講者・曲目一覧(PDF:417KB)よりご覧ください。

 

 

【聴講について】

聴講希望者は「聴講募集要項」にそって、お申し込みください。

(実技受講者につきましては、受講申込書の該当欄に記入し提出でも可能です。)

聴講料:2,000円/日(当日徴収)

聴講募集要項(受講予定者、曲目記載等)は実技受講者決定後、6月中旬作成予定。

※今後の状況により開催内容が変更になる場合がございます。ご了承ください。

 

【講師プロフィール】

上田晴子(ピアノ)Haruko Ueda,Piano

東京藝術大学付属高等学校、同大学卒業、同大学院修了後、ロータリー財団奨学生として渡仏、パリ・ヨーロッパ音楽院卒業。1986年、ロン・ティボーコンクール入賞、1995年、日本国際ヴァイオリンコンクール最優秀伴奏者賞など受賞。
ソリスト、室内楽奏者として日本、ヨーロッパで演奏活動を行う。共演する演奏家はJ . J .カントロフ、P .ヴェルニコフ、O .シャルリエ、千々岩英一、小林美恵、玉井菜採、A・デュメイ、S・ルセフ(ヴァイオリン)、B .パスキエ(ヴィオラ)、堤剛、笹沼樹(チェロ)、M .アリニョン、N .バルデイルー(クラリネット)、エネスコS Q 等。
録音は、A L Mより、カントロフとのC D「プロコフィエフ、シュトラウス・ヴァイオリンソナタ集」(レコード芸術誌準特選)、同誌特選の「ドホナニ、エネスコ・ヴァイオリンソナタ集」「エネスコ、ブゾーニ・ヴァイオリン作品集」「ベートーヴェン・ヴァイオリンソナタ全曲集v o l . 1 , v o l . 2 , v o l . 3 」、M・アリニョンとのC D(レコード芸術誌準特選)、エイヴェックスよりL・カンタとの「メロディーズ」(レコード芸術誌特選)、オクタヴィアレコードより千々岩英一との「ポエム」(レコード芸術誌準特選)、フランスのレーヴェルでL・コルシアとの「ミスターパガニーニ」、郷古廉との「ブラームスソナタ」、カントロフとの「20世紀フランスソナタ集」(2022年)、ALMより笹沼樹との「シュトラウス、プロコフィエフ・チェロソナタ」(2024年)など多数。
2019年2月、姫路市芸術文化賞受賞。2020年に音楽之友社より「室内楽ライヴ・レッスン」刊行。
現在、パリ国立高等音楽院室内楽科教授、ピアノ科准教授。

お問い合わせ先

パルナソスホール

TEL. 079-297-1141
上田晴子
Language